top of page

プロフォーマインボイスとコマーシャルインボイスはどう違いますか?difference between a Proforma Invoice and a Commercial Invoice

更新日:2023年12月7日





国際輸送におけるプロフォーマインボイスとコマーシャルインボイス(Proforma Invoice and a Commercial Invoice)は、国際貿易において取引の途中段階や最終段階で使用される文書です。以下に、それぞれの文書の違いを具体例を交えて説明します。





office風景




1. プロフォーマインボイス(Proforma Invoice)


プロフォーマインボイスは、買い手に対して商品の詳細や取引条件を示す見積もり書として提供される文書です。これは、取引の初期段階で使用され、実際の出荷や支払い前に、買い手が提供された情報に基づいて合意するかどうかを判断するために利用されます。プロフォーマインボイスは、取引の透明性を高め、双方が同意する前に問題が解決されるのに役立ちます。


プロフォーマインボイス具体例:


インドの企業Eが中国の企業Fに衣料品を販売する場合を考えてみましょう。プロフォーマインボイスには、商品の詳細、数量、価格、支払い条件、発送方法などが記載されます。企業Fはこれを元に、取引の条件に同意するかどうかを検討し、必要に応じて交渉を行うことができます。


2. コマーシャルインボイス ( Commercial Invoice)


コマーシャルインボイスは、実際の商品出荷時に提供される正式な請求書であり、取引が確定し、商品が出荷される際に使用される文書です。これには、商品の詳細、数量、価格、取引条件、出荷元と出荷先の情報などが含まれます。コマーシャルインボイスは、輸送中の商品の管理や受取人の輸入手続きに使用されます。



コマーシャルインボイス具体例:


ブラジルの企業Gが日本の企業Hに電子機器を出荷する場合を考えてみましょう。コマーシャルインボイスには、商品の詳細、HSコード、数量、価格、支払い条件、発送元住所、受取人の情報などが記載されます。これにより、税関手続きや商品の受け取りが円滑に行われます。


まとめ:


プロフォーマインボイスとコマーシャルインボイスは、国際貿易における異なる段階で使用される文書です。

プロフォーマインボイスは見積もり書として初期段階で使用され、取引の合意形成に役立ち、双方の期待を明確にします。

一方、コマーシャルインボイスは実際の商品出荷時に提供される請求書であり、商品の輸送と関連する手続きに使用されます。法的な要素を含み、実際の商品の運送や関税手続きに必要です。

初心者の方々がこれらの文書の使い分けを理解し、国際貿易の流れをスムーズに進めるためには、プロフォーマインボイスが取引合意の前、コマーシャルインボイスが取引成立後に使用されることを覚えておくことが重要です。

これらの文書の違いを理解することは、国際取引の効果的な進行に役立つでしょう。




Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page