top of page

海上輸送で利用するコンテナの種類と用途

更新日:2023年12月7日


海上輸送で利用されるコンテナは、さまざまな種類と用途があります。以下にいくつか一般的なコンテナの種類とその用途を示します。


apartの風景


  1. 20フィートコンテナ (20ft): 一般的なサイズで、幅8フィート、高さ8フィート6インチ(内部寸法)です。小規模な貨物や個人の荷物などを輸送するために使用されます。

  2. 40フィートコンテナ (40ft): 20フィートコンテナの2倍の長さを持ち、同様に幅8フィート、高さ8フィート6インチ(内部寸法)です。大規模な貨物や商業用の荷物などに使用されます。

  3. ハイキューブコンテナ (High Cube): 通常のコンテナよりも高く、内部寸法が8フィート6インチから9フィート6インチまで異なります。荷物の密度が高い場合や大型の機械類などを輸送する際に使用されます。

  4. オープントップコンテナ (Open Top): 上部が開閉可能なコンテナで、クレーンやガントリークレーンで荷物を上から積み下ろしできます。大型の荷物やプロジェクト用の機材などに使用されます。

  5. フラットラックコンテナ (Flat Rack): 側面がなく、平らな台座の上に荷物を載せるタイプのコンテナです。大きな機械や重量物、不規則な形状の荷物を輸送する際に適しています。

  6. リファーコンテナ (Reefer): 温度制御が可能なコンテナで、冷凍品や生鮮食品を輸送する際に使用されます。内部の温度や湿度をコントロールし、品質を保つことができます。

  7. タンクコンテナ (Tank): 液体や粉末状の物質を輸送するための専用のタンクが組み込まれたコンテナです。化学物質や液体貨物の輸送に使用されます。

  8. オーバーサイズコンテナ (Out of Gauge): 通常のコンテナサイズを超える大きな荷物を輸送するためのコンテナです。建築資材や大型機械などを輸送する際に使用されます。



コンテナヤード

これらは一部のコンテナの種類と用途ですが、海上輸送にはさまざまな特殊なニーズに対応するためのコンテナが利用されています。各コンテナは効率的な荷役と保護を提供し、世界中の商品の国際輸送を支えています。


Kommentare


Die Kommentarfunktion wurde abgeschaltet.
bottom of page