top of page

「ショックウォッチ」について

更新日:2023年12月14日

「ショックウォッチ」とは、航空貨物などの輸送中に荷物が衝撃を受けたかどうかを監視するためのデバイス、ラベル等です。一般的にはラベルが多く用いられています。このショックウォッチは荷物や梱包箱に取り付けられ、特定の衝撃レベルを超えると色が変わるインジケーターを備えています。これにより、荷物の取り扱い時に起きた可能性のある問題を迅速に特定し、対処することができます。


飛行機


 

ショックウォッチの主な特徴は以下の通りです。

 

1. 感度設定

 

 ショックウォッチは、異なる感度レベルで利用でき、輸送される物品の種類や必要な保護レベルに合わせて調整されます。

 

2. 簡単な取り付け

 

 通常、粘着テープやねじで荷物に簡単に取り付けられます。

 

3. 明確なインジケーター

 

衝撃を検知すると、インジケーターが色を変えることで、荷物が適切に取り扱われたかどうかが一目で分かります。

 

4. 防止効果

 

このデバイスが取り付けられていることが分かると、荷物取扱い者はより慎重に扱う傾向があり、荷物への損傷リスクを低減できます。

 

5. 記録保持

 

 インジケーターの変化は、輸送中の衝撃の証拠として使用でき、保険請求や品質管理の際の記録となります。

 

これらの特徴により、ショックウォッチは精密機器、電子機器、アート作品、その他破損しやすい貨物の輸送において重要な役割を果たしています。


 

ショックウォッチを使用する際のデメリットや考慮すべき点はいくつかあります。

 

1. コスト

 

ショックウォッチは追加のコストがかかります。特に、大量の荷物を扱う場合や、定期的に使用する場合、このコストは無視できないものになる可能性があります。

 一般的にショックウォッチ付き貨物の特別な取り扱は航空運賃が高くなります。

ただし、100kg未満の貨物(重量がない分ショックが反映されやすい?)はこの特別な取り扱いを航空会社が受け付けない場合があり、都度確認が必要です。

 

2. 誤検知の可能性

 

 ショックウォッチは、特定の衝撃レベルに反応するように設計されていますが、誤って検知してしまうことがあります。例えば、正常な輸送中の振動や、取り付け・取り外し時の小さな衝撃によっても反応することがあります。

 

3. 過度の信頼 

 

ショックウォッチが衝撃を検知しなかった場合、荷物が完全に無事であると誤解されることがあります。衝撃以外の要因(例えば、温度変化や湿度)による損傷は検知できません。

 

4. 取り扱い手順の変更 

 

ショックウォッチを使用すると、荷物の取り扱い手順が変わることがあります。これにより、物流プロセスに追加の手間や時間がかかることがあります。

 

5. データの不足

 

一般的に ショックウォッチは衝撃の有無のみを示し、衝撃の詳細(例えば、衝撃の強さや発生した時間)についてのデータを提供しません。より詳細な監視が必要な場合、これは別の方法を検討しなければならない可能性があります。

 

6. 過剰な注意を引く 

 

ショックウォッチが取り付けられている荷物は、特別な扱いが必要であるという印象を与えます。これが逆に荷物に対する不必要な注意や好奇心を引き起こすこともあります。

 

これらのデメリットがあったとしても、ショックウォッチは貴重品や壊れやすい物品の輸送において非常に有用なツールです。ただし、これらの制限を理解し、適切に使用することが重要です。


Comments


bottom of page