top of page

釜山港の状況

釜山港は韓国第一の港湾であり、世界でも有数のコンテナ港として知られています。地理的に韓半島東南端に位置し、太平洋とユーラシア大陸を結ぶ重要な関門としての役割を果たしています。釜山港は、港内の水面が穏やかで、潮の干満差が小さく、世界三大幹線航路と接しているため、良好な港湾条件を有しています。


クリフ神殿

釜山港は、新港、北港、南港、甘川港、多大浦港など複数の地区から成り立っており、合計9つのコンテナターミナルと国際旅客ターミナルを持っています。この港は135隻の船が同時に接岸でき、年間3億トン以上の荷役能力を有しています。さらに、コンテナ物流量の増加に対応するため、釜山新港の開発も進められており、2040年の完工を目指しています。この新港は、現在、61隻の船が同時に接岸でき、年間3,500万TEUのコンテナ処理能力が見込まれています。


しかし、日韓航路では韓国の中小船社が多くを占めており、日本と韓国間のサービスは主にONEによって行われています。韓国船社間では、再編の動きが見られ、コンテナ船の大型化の傾向もあります。これにより、寄港しない港が発生する可能性があるため、地方港や荷主企業に影響が及ぶ可能性があります。中小船社の合併により、航路の合理化が進むことで、運賃の上昇やリードタイムの増加が起こる可能性があります。


荷主には、サプライチェーンの可視化が急務とされており、遅延やコスト増に備えるための対策が求められています。釜山港を活用する際は、コストとリードタイムを考慮して、適切な輸送スケジュールを設定することが重要です。


以上の情報は、釜山港の現状と荷主が取るべきアクションについての概観を提供します。さらに詳細な情報は、釜山市の公式サイトや関連する物流サービスのサイトを参照してください。


インチョン港と釜山港の違い


インチョン港と釜山港は、韓国を代表する二つの主要な港ですが、それぞれに特徴があります。


インチョン港の特徴:

- 位置: インチョン港は韓国の西部に位置し、首都ソウルから約40kmの距離にあります。黄海に面しており、中国や北東アジアへのアクセスが良好です。

- 規模と施設: インチョン港は、内港、南港、北港などから成り立ち、128バース(船が停泊できる場所)を有しています。旅客サービスにも力を入れており、国際旅客ターミナルがあります。

- 役割: 主に貨物取扱と国際旅客サービスに焦点を当てています。中国との貿易や国際クルーズ船の受け入れにも対応しています。


釜山港の特徴:

- 位置: 釜山港は韓国の南東部に位置し、日本海に面しています。アジア各国や世界中の航路と接続しており、韓国最大の貿易港です。

- 規模と施設: 釜山港は韓国最大の規模を誇り、多くのコンテナターミナルを含む幅広い港湾施設を持っています。世界のコンテナ取扱量で上位にランクされ、国際物流のハブとしての役割を果たしています。

- 役割: 釜山港は主に貨物の取扱いに特化しており、世界中からの船舶が訪れます。特にコンテナ輸送の中心地として、国際貿易において重要な役割を担っています。


比較点:

- 位置とアクセス: インチョン港はソウルに近く、中国との貿易に便利な位置にありますが、釜山港はアジア全域や世界へのアクセスが優れています。

- 規模と設備: 釜山港の方が規模が大きく、コンテナ取扱量でも世界トップクラスです。一方、インチョン港は旅客サービスにも力を入れている点が特徴です。

- 国際貿易での役割: 釜山港は国際物流のハブとしての役割が強調されていますが、インチョン港は地域物流と旅客輸送に焦点を当てています。


これらの違いにより、両港は韓国内外の異なる需要に応えています。


インチョン港は新しい港?


インチョン港は新しい港ではありません。実際には、1400年代に釜山港とともに韓国で最初に開港した港の一つで、長い歴史を持っています。インチョン港は1906年に近代的な埠頭の建設が始まり、以来、持続的な開発と拡張を経て現在の姿に至っています。しかし、インチョンには新しい港湾施設や開発プロジェクトが存在し、近代化が進められているため、「新しい」と感じる要素もあるかもしれませんが、その起源自体は古いものです。特に、インチョン港は、韓国の重要な国際港としての役割を果たし続けており、多くの商業および旅客船が利用しています。


Comentarios


bottom of page