top of page

国際物流におけるTSAの役割

更新日:4月25日


国際物流においてTSA(運輸保安庁)の役割は、特に航空貨物の安全確保に重点を置いています。TSAは、空港を利用しての国際貨物輸送において、テロ対策としての厳格なセキュリティ検査を実施しています。これには、荷物のスクリーニングプロセスの管理、脅威の評価、輸送中のセキュリティの維持などが含まれます。また、TSAは航空会社や貨物取扱会社と協力し、国際的な規制や基準に準拠したセキュリティ措置を施行することで、グローバルな物流の安全を確保しています。




空港家族


アメリカのTSAとは


アメリカの運輸保安庁(TSA)は、2001年の9/11テロ攻撃を受けて設立された、アメリカ合衆国国土安全保障省の機関です。TSAの主な役割は、特に空港やその他の交通システムを通じて、旅行中の公衆の安全を確保することです。乗客とその荷物のスクリーニングなど、セキュリティプロトコルの実施と施行を担当しています。また、TSAは、事前承認を受けたリスクの低い旅行者が迅速にセキュリティチェックポイントを通過できるTSAプレチェックプログラムも運営しています。


※「セキュリティプロトコル」とは、情報の安全性を確保するための規則や手順の集合を指します。これには、データの暗号化、アクセス制御、ユーザ認証などが含まれます。セキュリティプロトコルは、不正アクセスやデータ漏洩、改ざんから情報を保護するために設計されており、インターネット通信、ネットワーク、さまざまなソフトウェアシステムで広く使用されています。


TSAの公式ウェブサイト


こちらでは、空港でのセキュリティ手順、旅行者向けのアドバイス、TSAプレチェックなどのプログラムについての詳細情報を提供しています。TSAのウェブサイトは、旅行の安全を確保するための資源として利用することができます。


日本でのこのTSAに当たる機関は?


日本においてTSA(アメリカの運輸保安庁)に相当する機関は、国土交通省の下にある「国土交通省航空局」です。航空局は、日本の航空安全を担当し、空港のセキュリティ検査を含む航空保安業務を監督しています。航空保安の実施は、各空港運営会社や警察などによっても担われていますが、国の方針や基準の設定は航空局が行います。我々の安全な渡航等に深く貢献しています。



国土交通省航空局などの機関は、日本国内外を問わず、私たちの安全な航空旅行を支えるために重要な役割を果たしています。これにより、乗客が安心して飛行機に搭乗できるように様々な安全対策が講じられています。日々の運用の中で、これらの機関は航空の安全規格を維持し、向上させるために努力を重ねています。


Comments


bottom of page