top of page

「CY」と「CFS」について


「CY」と「CFS」は貨物輸送、特にコンテナ輸送に関連する用語です。それぞれの意味と違いを説明します。



コンテナヤード


1. CY (Container Yard):

   - CYは「コンテナヤード」を意味し、コンテナを保管するための指定された場所を指します。

   -主に船会社や港湾によって運営され、海上輸送に使用されるコンテナの出発点や到着点として機能します。

   -コンテナはここで船に積み込まれたり、陸上輸送のためにトラックや鉄道に移されたりします。


2. CFS (Container Freight Station):

   - CFSは「コンテナ貨物駅、小口貨物混載(合積み)施設」と訳され、小口貨物をコンテナに積み込んだり、コンテナから荷降ろしをする施設を指します。

   - ここでは、異なる送り主の貨物を集めて一つのコンテナに詰める「LCL(Less than Container Load)」作業が行われます。

   - CFSは通常、港の近くに位置しており、コンテナの一時保管、仕分け、検査などのサービスも提供しています。


違い:

- 目的と機能:CYは主にコンテナの保管と輸送に関連し、CFSはコンテナ内の貨物の取り扱い(詰め替えや分配)に特化しています。

- 貨物の種類:CYは通常、FCL(Full Container Load)に使用され、CFSはLCL貨物の取り扱いに用いられます。


要するに、CYはコンテナ自体の管理を主に行い、CFSはコンテナ内の貨物の管理と処理を行う施設です。


CYとCFSの参考基準


混載便(LCL: Less than Container Load)とフルコンテナ(FCL: Full Container Load)の選択は、主に輸送する貨物の量、コスト、輸送時間、貨物の特性に基づいて判断されます。具体的な判断基準を以下に示します。


1. 貨物の量:

   - 一般的に、貨物の量がコンテナの約半分以下の場合、LCLが適しています。

   - コンテナの約半分以上を占める場合は、FCLがコスト効率が良くなることが多いです。


2. コスト:

   - LCLは小さな貨物に対しては経済的ですが、量が増えるとコストが高くなる可能性があります。

   - FCLはコンテナ全体をレンタルするため、初期コストは高いですが、大量の貨物にはコスト効率が良いです。


3. 輸送時間:

   - LCLは他の貨物との混載のため、荷役や通関などで時間がかかることがあります。

   - FCLはコンテナ単位での輸送なので、輸送時間が短縮される傾向があります。


4. 貨物の特性:

   - 壊れやすい、価値が高い、または特殊な取り扱いが必要な貨物は、FCLでの輸送が適していることが多いです。


5. セキュリティ:

   - FCLは貨物がコンテナ内で他の荷物と混ざることがないため、セキュリティが高いです。


実際の判断:

- 具体的な物量での目安は異なる場合がありますが、一般的には10立方メートル未満の貨物ではLCLが、それ以上ではFCLが適しているとされています。

- しかし、上記の他の要因(コスト、時間、貨物の特性)も考慮する必要があります。


まとめ


最終的な決定は、これらの要素を総合的に考慮し、貨物の種類、目的地、予算、および緊急性に基づいて行うことが重要です。また、貨物輸送会社や物流の専門家に相談することも効果的です。


bottom of page