top of page

ロボティックプロセスオートメーション(RPA)について

更新日:2023年11月28日



ロボティックプロセスオートメーション(RPA)は、ソフトウェアを使って繰り返し行われる業務プロセスを自動化する技術です。RPAの「ロボット」とは、物理的なロボットではなく、コンピュータ上で動作するソフトウェアベースの「仮想の労働者」を指します。これらの仮想ロボットは、人間が行うような単純な作業(データ入力、ファイルの移動、フォームの記入など)を自動的に行います。


RPAの利点は、作業の迅速化、誤りの減少、コスト削減です。


しかし、複雑な判断が必要な作業や、予測不能な変更が頻繁に発生するタスクには向いていません。


RPAの導入は、繰り返し行われる単純作業の効率化に大きな効果を発揮します。


RPA


RPAの欠点は


RPA(ロボティックプロセスオートメーション)の欠点には以下の点があります:


1. 複雑なタスクには不向き: RPAは主にルーチンワークや繰り返し作業に適しており、複雑な判断や創造的な作業には対応できません。


2. システムの変更に対する脆弱性: RPAは特定のインターフェースやプロセスに基づいて設定されるため、システムの更新や変更があると、RPAツールも再設定する必要があります。


3. 初期投資と維持コスト:RPAツールの導入には初期投資が必要であり、また、システムの変更やアップデートに伴う維持管理コストも発生します。


4. セキュリティとプライバシーの懸念: RPAが扱うデータには機密情報が含まれることがあるため、セキュリティ対策が不十分だと情報漏洩のリスクがあります。



RPA(ロボティックプロセスオートメーション)を積極的に取り入れるべきは、以下のような特徴を持つ企業や産業です:


1. 高い繰り返し作業量: データ入力や帳票処理など、単純かつ繰り返し行われる作業が多い企業。


2. 大量の紙ベースの作業: 紙ベースの文書管理やアーカイブ作業が多い業界(例:保険、金融)。


3. ルールベースの業務プロセス: 明確なルールに基づいて業務が行われる企業(例:会計、財務)。


4. 高いコンプライアンス要求:法的な規制や厳格なコンプライアンスが求められる産業(例:銀行、医療)。


これらの特徴を持つ企業や産業は、RPAを通じて業務効率化、コスト削減、エラー減少などのメリットを得ることができます。


RPA(ロボティックプロセスオートメーション)を成功裏に導入した企業の例:


1. ANZ Bank:ANZ Bankはオーストラリア、ニュージーランド、インドのビジネスユニットでRPAを導入しました。自動化されたプロセスには、口座調整、住宅ローン関連の業務、人事管理などが含まれます。RPA導入により、これらの高頻度タスクに要する人的労力を85%削減し、400人分のフルタイムスタッフの労力に相当する節約を実現しました。また、プロセスの迅速化と従業員の価値ある作業への再集中を可能にしました。


2. TreasuryOne:南アフリカのTreasuryOneは、バックオフィス機能にRPAを導入し、80%以上のストレートスループロセス処理率を達成しました。具体的な改善点には、決済処理時間の大幅な短縮、取引確認の自動化、取引完了後の自動メール確認などが含まれます。RPAにより、トランザクションの24時間処理が可能になりました。


3. トップティアインディアンバンク: このインドの主要銀行は、全国の支店で数千人の従業員が行っていた繰り返し作業を排除するためにRPAを導入しました。最初に導入された20のプロセスには、新規口座開設チェック、ローンの審査・承認ワークフロー、財務会計・報告、規制・コンプライアンス監視などがあります。6か月以内に強力な結果を達成した後、銀行は200以上のプロセスを自動化するためにRPAを急速に拡大しました。この「ハイパーオートメーション」への取り組みにより、生産性の大幅な向上、コンプライアンスの正確性を99%以上に改善し、顧客体験も向上させました。


これらのケーススタディは、RPAが多様な業界で効率性の向上、コスト削減、エラー減少、顧客体験の改善に貢献していることを示しています。



国際物流会社でこのRPA(ロボティックプロセスオートメーション)を取り入れた企業


国際物流業界でRPA(ロボティックプロセスオートメーション)を効果的に取り入れた企業の事例:


1. Posti Group Corporation(フィンランドの郵便サービス): Posti Groupは、自社をデジタル時代に適合させるためにRPAを導入しました。具体的には、アカウントの調整、住宅ローン関連業務、人事管理などのプロセスを自動化しました。これにより、高頻度タスクに要する人的労力を85%削減し、400人分のフルタイムスタッフの労力に相当する節約を実現しました。



まとめ


RPAはデータ入力、フォーム記入、ファイル移動などの単純作業に特に有効ですが、複雑な判断や創造的な作業には向いていません。


国際物流業界を含む様々な産業での導入事例があり、これらの企業ではRPAを利用して内部プロセスの効率化、顧客サービスの向上などを実現しています。


その成功により他の企業でもRPAの導入が進み、受注、印刷作業、小包集荷、スケジューリングなどのさらなる自動化を計画しています。


これらの事例から、さらなる改善進歩が行われつつ、RPAは国際物流会社において、プロセスの自動化、効率性と生産性の向上、コスト削減、および顧客満足度の向上に大きく貢献していることがわかります。


Comments


bottom of page