top of page

航空輸送におけるチャージャブル重量とは

更新日:2023年12月7日


「航空輸送における「チャージャブル重量」は、貨物の輸送料金を計算するための基準となる重量を指します。一般的に、貨物の実際の重量と容積を考慮して計算されるもので、どちらか大きい方の重量が請求の基準となります。



飛行機つばさ

具体的には以下のステップで計算されます:


1. 貨物の実際の重量(実重)を計測します。

2. 貨物の体積を計測し、体積重量を計算します。この計算は、通常、 体積(立方メートル) × 167 で行われます。この数字は航空会社や国際的な取り決めによって異なる場合がありますが、多くの場合、1立方メートルを167kgとして計算します。

3. 実際の重量と体積重量のうち、大きい方をチャージャブル重量として採用します。


このようにして計算されたチャージャブル重量に基づき、航空輸送の料金が決定されます。これは、貨物の重量だけでなく、容積も輸送コストに影響を及ぼすためのルールです。大きな容積を持ちながら軽量の貨物は、航空機の貨物室を多く占めるため、それ相応の料金が適用される必要があります。


IATA(International Air Transport Association)の規定では、貨物の容積を6,000立法センチメートル当たり1kgとして換算した重量(インチの場合は、366立法インチ当たり1kg)とされています。本来の計算方法はこちらです。



航空輸送を利用する際のポイント


航空輸送を利用する際に、荷主として注意すべき点はいくつかあります。チャージャブル重量の計算を含め、以下の点を特に意識しておくとスムーズな輸送を実現できるでしょう。


1. 正確な情報提供:荷物の正確な重量とサイズを事前に知っておくことで、輸送コストの見積もりを適切に取得できます。


2. パッケージング:適切な梱包を行うことで、荷物の損傷リスクを減少させることができます。また、無駄なスペースを減らすことで体積重量を最小限に抑えられます。


3. 料金の確認:航空会社や輸送業者ごとに、体積重量の計算方法や料金が異なる場合があります。詳細な料金情報を事前に確認しておきましょう。


4. 適切な申告書類の準備:国際輸送の際には関税、税金、輸入許可などの手続きが必要となる場合があります。関連する申告書類を適切に準備し、必要な手続きを正確に行うことが重要です。


5. 制限物資の確認:航空輸送での持ち込みが禁止されている物品や、特別な取り扱いが必要な物品についての情報を事前に確認しておく必要があります。


6. 輸送時期の選定:シーズンや天候によって航空輸送のコストや所要時間が変動することがあります。可能であれば、コストが低く、遅延のリスクが少ない時期を選んで輸送を行うと良いでしょう。


これらの点を注意深く考慮することで、荷物の損傷や遅延、追加の費用などのリスクを最小限に抑えることができます。



 

まとめ:航空輸送をスムーズにするためのポイント


航空輸送を利用する際には、荷物の正確な情報提供体制、適切な梱包、料金や制限物資の確認、文書の準備、荷物状況の把握、そして最適な輸送時期の選定が重要です。これらの点をきちんと準備・確認することで、トラブルを避け、効率的かつコストパフォーマンスの良い航空輸送を実現できます。安心して航空輸送を活用し、ビジネスや日常に役立ててください。



Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page