top of page

EORI番号とは

EORI番号(Economic Operators Registration and Identification number)とは、経済事業者登録識別番号のことで、EU内で税関手続きを行う事業者が必要とする識別番号です。この番号は、税関による事業者の識別、税関手続きの際のセキュリティと簡素化の強化を目的としています。EORI番号は、EU内で輸入、輸出、その他の税関手続きを行うすべての事業者に対して要求されます。また、EU外からEU内への商取引を行う企業にもこの番号が必要です。


EORI番号は、各EU加盟国の税関当局によって発行されます。番号は一般的にその国の国コードに続いて一意のコードが付され、事業者がEU内のどこで活動していても、この番号を使って識別されます。


ベニス運河

一般的EORI取得方法


EORI番号の取得方法は、主に事業者が所在する国または事業活動を行うEU加盟国によって異なりますが、基本的なステップは以下の通りです:


1. 事業所在国の税関当局にアクセス:EORI番号は、各EU加盟国の税関当局によって発行されます。まず、事業者の所在国または主要な活動国の税関当局のウェブサイトを訪れます。


2. EORI番号申請フォームの入手と記入:税関当局のウェブサイトでEORI番号申請に必要なフォームをダウンロードし、必要事項を正確に記入します。提出する情報には、事業者の名称、住所、連絡先情報、および事業に関連するその他の詳細が含まれることがあります。


3. 必要書類の準備:申請には、事業登録証明、身分証明書(事業主または代表者のもの)、およびその他の税関当局が要求する可能性のある書類が必要です。


4. 申請フォームと書類の提出:記入済みの申請フォームと必要書類を税関当局に提出します。この提出は、郵送、電子メール、またはオンラインポータルを通じて行うことができます。


5. 確認と番号の受領:税関当局が申請を受理し、必要な確認を行った後、EORI番号が発行されます。この番号は通常、電子メールまたは郵送によって事業者に通知されます。


具体的な申請プロセスや必要な書類は国によって異なるため、正確な情報については所在国の税関当局のウェブサイトを参照するか、直接問い合わせることが重要です。また、一部の国ではオンラインでの申請が可能ですが、他の国では郵送や対面での申請が必要な場合があります。



日本からのEORI番号取得方法


日本からの企業でもEU内で輸出入やその他の税関手続きを行う場合はEORI番号を取得することができます。ただし、日本に拠点を置く企業がEORI番号を取得する場合、通常は事業を行うEU加盟国の税関当局に申請を行う必要があります。つまり、EU内で商取引を最初に行う国の税関当局に対してEORI番号の申請をするのが一般的です。


申請プロセスは以下のようになります:


1. 取引を開始するEU加盟国の選定:事業がEU内で最初に取引を行う国を特定します。その国が事業のEORI番号取得における「主要な国」となります。


2. 申請書類の準備:選定したEU加盟国の税関当局のウェブサイトを訪れ、EORI番号の申請方法について調査します。必要な申請フォームを入手し、所定の情報を提供します。


3. 書類の提出:必要な書類とともに、完成した申請フォームを該当の税関当局に提出します。提出は郵送または電子的に行われることがあります。


4. 番号の受領:申請が承認されると、EORI番号が発行され、企業に通知されます。


留意点として、EORI番号の申請プロセスや必要な書類は国によって異なるため、具体的な申請手順や要件は、対象となるEU加盟国の税関当局の公式ウェブサイトで確認してください。また、言語の障壁がある場合は、翻訳サービスや専門の輸出入コンサルタントの支援を求めることも一つの手段です。


Comments


bottom of page