top of page

該非判定書とは

更新日:2023年12月7日



「該非判定書」とは、日本の輸出管理制度における重要な書類の一つで、ある商品や技術が輸出規制の対象となる「規制リスト」に該当するかどうかを判断した結果を示す公式文書のことを指します。輸出貨物や提供技術が、法令規制がないかどうかを判断するチェックシート(該非判定書)といえます。


ハロウィン

概要説明:


該非判定のプロセス


1. 申請: 輸出を希望する企業が、自社の商品や技術が輸出規制リストに該当するかどうか不明確な場合や、確認を取りたい場合、経済産業省などの関連機関に該非判定の申請を行います。


2. 情報提供: 申請に際して、企業は商品や技術の詳細な情報、使用目的、先方の詳細情報などを提供します。


3. 評価: 経済産業省は提供された情報を基に、商品や技術が輸出規制リストに該当するかどうかを評価します。


4. 結果の発行: 評価結果をもとに、該非判定書が発行されます。この書類には、商品や技術が規制リストに「該当する」か「該当しない」かの判断が記載されています。


該非判定の意義


明確性: 輸出企業にとって、自社の商品や技術が輸出規制に該当するかどうか明確に知ることができるため、不必要なリスクを避けることができます。


スムーズな輸出: 規制リストに該当しないとの判定を受けた場合、企業はその判定書を持ってスムーズに輸出手続きを進めることができます。


コンプライアンスの確保: 企業は輸出規制の遵守を確実にするための手段として該非判定を利用できます。


結論として、該非判定書は、日本の輸出管理制度の中で、企業が正確かつ確実に輸出規制の適用範囲を把握するための非常に重要なツールとなっています。



https://www.meti.go.jp/policy/anpo/


Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page