top of page

国際輸送中の商品の破損や紛失を防ぐためにすること商品の破損や紛失を防ぐ対策

更新日:2023年12月7日


国際物流担当者の視点から、輸送中の商品の破損や紛失を防ぐための対策とアドバイスを以下に示します。



商談する人たち



商品の破損や紛失を防ぐ対策を8つの項目で説明します。


アドバイスその1 - 適切な梱包


耐久性のある梱包材を使用してください。特に、輸送中の振動や圧力に対応できるものを選ぶことが重要です。繊細な商品の場合は、エアキャップなどの緩衝材を利用して、外部の衝撃から商品を守るように梱包してください。


水濡れを防ぐための防水対策や、特定の温度範囲で保存する必要がある商品には、温度調整のための素材を使用してください。



アドバイスその2 - 明瞭なラベリング



輸送箱には明確に「上」「下」「この面を上に」「天地無用」などの指示を表示して、取り扱い時の方向性を示すこと。脆弱な商品には「取扱注意」や「割れ物」といったラベルを貼付してください。



アドバイスその3 - 適切な保険の加入


価値が高い商品や、繊細な商品を輸送する場合は、適切な海上貨物保険を加入することを検討してください。


アドバイスその4 - 信頼性のある物流業者の選定


評判や実績が良い物流業者を選ぶことで、輸送中のトラブルを最小限に抑えることができます。


アドバイスその5 - 輸送ルートの確認


商品が通過する輸送ルートや中継地点を事前に確認し、リスクの低いルートを選択することを検討してください。


アドバイスその6 - トラッキングと監視


現代の技術を活用して、商品の位置や状態をリアルタイムで監視することが可能です。特に価値の高い商品や繊細な商品を輸送する際は、このようなサービスを活用することをおすすめします。もちろん担当者に直接聞いても良いともいます。


アドバイスその7 - 通関手続きの適切な準備


通関手続きに必要な書類や証明を事前に準備し、適切な方法で提出することで、通関の遅延やトラブルを避けることができます。


アドバイスその8 - 緊急時の連絡体制の確立


輸送中に問題が発生した場合に、迅速に対応できるように、物流業者や取引先との連絡体制を確立しておくことが重要です。


まとめ


これらのアドバイスを参考に、国際輸送中の商品の破損や紛失を防ぐ対策を講じてください。より具体的な対応、対策等については、実際に利用する梱包会社、国際物流会社にご相談ください。


Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page