top of page

浦東空港から新国際展覧中心まで最速で行く方法

更新日:2023年12月17日

上海マグレブ(上海磁気浮上式鉄道実証運転線)は、中国の上海市浦東新区に位置し、上海浦東国際空港にアクセスする磁気浮上リニアモーターカーです。


このトランスラピッド方式のリニアモーターカーは、2001年3月1日に建設を開始し、2004年1月1日に商業運行を開始しました。


この列車は、最高商業運転速度が431km/hに達し、2015年10月時点で常設の運行としては世界最高速度を記録しています。


ただし、2020年5月1日現在、最高商業運転速度は暫定的に300km/hに設定されています。



shanghai

このリニアモーターカーは、ギネスブックに「世界最速の商業列車」として登録されたこともあり、路線全長は30kmに及び、最大574人の乗客を収容できます。


浦東空港から市内までのアクセスは非常に迅速で、最高速度430km/hを体感できると評価されています。


上海トランスラピッド、一般的に「上海リニア」とも呼ばれ、ドイツの技術を導入して建設されました。1999年に開港した上海浦東国際空港と上海の市街地を結ぶため、2001年3月に建設が開始され、わずか2年弱で30kmの高架線が完成しました。


また、上海マグレブトレインは、地下鉄2号線の龍陽路駅(世紀公園の近く)を起点とし、浦東国際空港まで東に延びています。


片道30キロの距離をわずか7分20秒で結び、その速さと効率の良さは特筆に値します。マグレブトレインは磁石の原理を利用しており、非常に強力な磁石を使用して列車の車体を軌道から約1センチメートル浮かせることができ、滑らかで非常に効率的な加速を実現しています。

 

荷物の少ない方が、浦東空港から新国際展覧中心まで最速で行く方法はこのリニアに乗って到着駅、龍陽路駅から地下鉄7号線花木路で降りるか(Hallによっては、エントランスから遠いかも知れませんが、会場に着きます)、タクシーがあればに乗って会場入りする方法が早いと思います。


このリニアは、LLC等の朝着便で到着すると、早すぎてまだ運航していないことがあるのでご注意ください。



Comments


bottom of page