top of page

海外の出張中、旅行中にパスポートを紛失してしまった場合

旅行中にパスポートを失くした場合、迅速かつ冷静に行動することが重要です。以下に、一般的な手順を示します。


旅行者

1. パスポートの紛失を確認する

 荷物や持ち物を再確認し、本当にパスポートがないことを確認します。


 2.最後にパスポートを使用した場所を思い出す

 パスポートを最後に使用した場所や、紛失した可能性のある場所を思い出し、可能であればその場所を再度確認します。


3. 警察に紛失届を提出する

最寄りの警察署を訪れ、パスポートの紛失届を提出します。この際、紛失届の受理証明書を受け取ってください。


4. 自国の大使館または領事館に連絡する

自国の大使館または領事館に連絡し、パスポートが失われたことを報告します。緊急旅行証明書(ETD)の発行について相談し、必要な手続きを確認します。


5. 必要書類を準備する

身分証明書、紛失届の受理証明、写真、航空券のコピー(帰国の予定がある場合)など、緊急旅行証明書を発行するために必要な書類を準備します。


6. 緊急旅行証明書の申請

大使館または領事館を訪問し、緊急旅行証明書の申請を行います。緊急旅行証明書は、帰国のための一時的な旅行文書です。


7. 保険会社に連絡する

旅行保険に加入している場合は、保険会社にもパスポートの紛失を報告し、カバー範囲や手続きについて確認します。


8. 帰国後の手続き

帰国後、地方入国管理局やパスポートセンターに紛失したパスポートについて報告し、新しいパスポートの申請手続きを行います。


パスポートを失くした際は、パニックにならずに、これらのステップに従って対応してください。また、将来的に同様の事態を避けるために、パスポートのコピーを持つ、重要な書類は別々の場所に保管するなどの予防措置を取ることが重要です。


現地の警察に届け出るとか、少しハードルと感じる場合は、まず最初に、自分が申し込んだ旅行会社や航空会社に連絡しその対応方法を確認したり、サポートを依頼するのが良いでしょう。カード会社や保険会社も何かしらのアドバイスあるいはサポートをしてくれるような気がします。


なお、ソウルに行かれて仁川空港をご利用される方は、空港で緊急パスポートを発行できるようです。


参考サイト:パスポート紛失などの理由で緊急に発給する場合は、旅客ターミナル内の領事申告室で発給できますので、ご参考ください。



bottom of page