top of page

輸出入者符号とは、簡単!法人番号調べ方

更新日:2023年12月7日


「輸出入者符号」は、日本の輸出入事務を効率的に行うための識別子です。具体的には、日本の税関での輸出入申告を行う際に必要となる、企業や個人を一意に識別するための符号や番号のことを指します。




新聞


この符号は、税関への輸出入申告を行う際に、申告者(輸出者や輸入者)の識別情報として使用されます。輸出入者符号は、事前に関税局に申請して取得する必要があります。


輸出入事業を行う企業や個人は、この輸出入者符号を持っていることで、税関での手続きがスムーズに行えるとともに、正確に自身の取引履歴がレコード化されます。


輸出入者符号の取得は、日本の関税局の公式ウェブサイト等で詳細な手続きや申請方法が案内されていますので、具体的な手続きや要件についてはそちらを参照すると良いでしょう。


JAPAN CUSTOMS税関9703 輸出入者符号について(カスタムスアンサー)




法人番号とは


「法人番号」は、日本において法人や団体を一意に識別するための番号です。2015年の「法人番号制度」の導入に伴い、法人や団体にこの番号が割り振られるようになりました。


法人番号の主な特徴や目的は以下の通りです:


1. 意性: 各法人や団体には固有の法人番号が割り振られます。この番号は変更されることなく、永続的にその法人や団体に関連付けられます。


2. 包括性: すべての法人や団体(会社、学校、NPO、宗教法人、医療法人など)に対して法人番号が割り振られます。


3. 行政手続きの効率化: 法人番号の導入により、税務、社会保険、統計などの各種行政手続きが効率的に行われるようになりました。


法人番号は公開されており、特定の法人や団体の基本的な情報(名称、所在地、業種など)とともに「法人番号公表サイト」で検索・確認することができます。これにより、ビジネスや取引の際の透明性が向上しています。


簡単に言えば、法人番号は日本の法人や団体を識別するための「ID」と考えることができます。


法人番号については下記のページから検索できます。


国税庁法人番号公表サイト




 

まとめ


これらの情報は、輸出入ビジネスを行う際の通関手続きや行政手続きにおいて、企業や個人が正確に識別されるための重要な要素となっています。自社の番号が何番なのか、確認して書き留めておきましょう。




Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page