top of page

輸出許可通知書(Export Declaration)について

「輸出許可通知書(Export Declaration)」は、国際貿易において商品が輸出される際に、輸出者が税関当局に提出する公式文書です。


この文書は、輸出される商品に関する詳細情報を提供し、税関での処理と検査のための基本情報を含んでいます。


以下に、輸出許可通知書の主要な要素とその目的について詳しく説明します。

コンテナ船

輸出許可通知書の主要な要素


1. 輸出者の情報:輸出者の名前、住所、連絡先情報、および事業者登録番号や税番号など。


2. 受取人(輸入者)の情報:商品を受け取る輸入者の名前、住所、連絡先情報。


3. 商品の説明:輸出される商品の詳細な説明。これには商品の名称、種類、数量、重量、価値などが含まれます。


4. HSコード(関税分類番号):商品を国際的に分類するための統一されたコード。


5. 原産国:商品が製造または生産された国。


6. 目的地国:商品が輸出される国。


7. 輸送手段:商品の輸送方法(航空、海上、陸路など)。


8. 関連する輸出ライセンスや許可情報:適用される場合、輸出ライセンスや許可の詳細。


9. 輸出日:商品が輸出される予定日または実際の輸出日。


10. 署名:輸出許可通知書を提出する人物の署名。


輸出許可通知書の目的


- 税関手続き:輸出される商品の正式な申告として機能し、税関での処理と検査の基礎を提供します。


- 法規制の遵守:輸出に関連する法律、規制、および国際協定を遵守するための情報を提供します。


- 記録と追跡:輸出される商品の記録を提供し、必要に応じて追跡できるようにします。


輸出許可通知書は、国によって異なる形式をとることがあり、特定の商品や目的地国によって追加の情報や要件が必要になる場合があります。


したがって、輸出する国の税関要件を事前に確認し、適切な準備を行うことが重要です。また、不正確または不完全な情報を提供することは、遅延や罰金、さらには商品の押収につながる可能性があるため、正確性が求められます。


コメント


bottom of page