top of page

異国の国際展示会に出展する際に気をつけたいこと

更新日:2023年12月7日

異国の国際展示会に出展する際には、いくつかの留意点と計画が必要です。


以下は、特に注意すべきポイントです:


1. 事前リサーチと計画:

出展する国の文化、言語、ビジネス慣習などを事前にリサーチし、適切な準備をしてください。展示会の規模や来場者の属性も把握しておくと良いでしょう。


2. 法令と規制の確認:

輸出入の規制、税関手続き、展示物の安全基準など、出展する国の法令や規制を確認してください。特に技術製品や特許に関連するものは注意が必要です。


蛍光色の部屋

3. 通訳の手配:

英語以外の国で展示会に参加する場合、通訳を手配することでスムーズなコミュニケーションを図ることができます。


4. 文化とエチケット:

出展国のビジネスエチケットや文化を尊重し、適切な挨拶や礼儀を心掛けてください。


5. プロモーションとマーケティング:

展示会用の資料やプロモーション物は、現地の言語に翻訳し、文化に合ったデザインを選ぶと良いでしょう。


6. 物流と設営:

展示物の輸送、関税、保険などの手配を事前に確認し、設営や撤去に必要な人員や時間も計画しておくことが重要です。


7. 健康と安全対策:

予防接種、健康保険、旅行保険など、健康と安全に関する対策もチェックしておきましょう。


8. ネットワーキングとフォローアップ:

名刺交換やビジネスカードの準備をしておき、展示会後には適切なフォローアップを行うことが重要です。


9. 予備日程の設定:

万が一のトラブルや追加の商談の機会に備え、余裕を持ったスケジュールを組むと良いでしょう。


10. テクノロジーの利用:

デジタルプレゼンテーションやオンラインツールを利用して、効果的なプレゼンテーションを心掛けましょう。


これらの点を注意し、計画的に行動することで、異国の国際展示会でも体調を保ち

成功を収めることができるといいですね。

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page