top of page

ATAカルネについて

更新日:2023年12月7日



ATAカルネ(ATA Carnet)は、一時的に輸入・輸出される貨物のための国際的な関税および税金の通関手続きを簡素化するための通行証です。"ATA"はフランス語の「Admission Temporaire/Temporary Admission」を意味しています。


花畑


ATAカルネを使用することで、商品を一時的に関税や付加価値税を支払うことなく、カルネに記載されている国々に持ち込むことができます。これは通常、プロモーションイベント、展示会、競技会などのために使用されます。また、プロの装備や道具、サンプルなどの商業品の一時的な輸入・輸出にも利用されます。


ATAカルネは、以下のような特徴を持っています:

1. 範囲: 多くの国々がこの制度に参加しており、カルネはこれらの国々間で有効です。


2. 有効期限: 通常1年間有効で、期限内であれば、何度でもその国に入出国することができます。


3. 使用目的: 商品を永続的に輸入・輸出する目的での使用はできません。一時的な輸入・輸出のみが対象となります。


4. 保証: ATAカルネを使用することで、関税や税金の支払いを保証する仕組みとして、関連組織や銀行が保証を行います。


多くの国々で受け入れられているこの制度は、国際的な商業活動を行う企業や個人にとって、一時的な輸入・輸出手続きを大幅に簡素化する大きなメリットを提供しています。


カルネを利用することで考えられるリスク

ATAカルネを利用する際には多くの利点がありますが、一部のリスクや注意点も存在します。以下は、カルネの利用に関連する主なリスクや注意点です:


1. 期限超過: ATAカルネは通常1年の有効期限があります。この期限内に商品を原産国に戻さないと、関税や税金が課される可能性があります。さらに、追加の罰金やペナルティが発生することもあります。


2. 不適切な使用: ATAカルネは、一時的な輸入・輸出を目的としています。商品を販売したり、商業的な利益を得る目的で使用することは許されていません。


3. 不正確な情報: カルネに記載されている情報や商品リストが不正確な場合、関税や税金が後から課されるリスクがあります。


4. 紛失や盗難: カルネの紛失や盗難により、関税や税金の免除が無効になる可能性があります。


5. 保証金のリスク: ATAカルネを取得する際に、関税や税金の代わりに保証金を提供することが多いです。この保証金は、規定や手続きに違反した場合に没収されることがあります。


6. 参加国の制約: すべての国がATAカルネ制度に参加しているわけではありません。また、参加している国でも、特定の商品やカテゴリーに対して制約がある場合があります。


7. 煩雑な手続き: 一部の国や地域では、ATAカルネの手続きが複雑で時間がかかることがあります。


これらのリスクや注意点を考慮して、適切な手続きや準備を行うことで、ATAカルネを効果的に利用することができます。


詳しくはカルネ協会にお問い合わせください。


Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page