top of page

6桁のHS CODEを8桁にするには(インド編)

更新日:2023年12月19日

インドでは、HSコード(HS CODE:Harmonized System Code)は8桁で構成されています。HSコードは、商品を分類するための国際的な統一システムで、各国が税関手続きや国際貿易統計のために使用しています。


最初の6桁は全世界で共通ですが、残りの2桁は各国が独自に設定することができます。インドの場合、このシステムを利用して国内の特定商品をより詳細に分類しています。


日本ではHSコードが6桁で構成されているのに対し、インドでは8桁で構成されているため、国際貿易においてこの違いをどう扱うかは重要な問題です。具体的な対応方法には以下のようなものがあります。


ジョードプル市


1. 追加情報の確認


インドの8桁のHSコード:HS CODEの追加2桁は、商品のより詳細な分類を示しています。日本からインドへの輸出の際には、インドの税関が要求する8桁のコードを使用する必要がある場合が考えられます。このため、インドの税関規則や分類表を確認し、適切な8桁コードを見つける必要があります。


2. 貿易相手とのコミュニケーション


インドの輸入業者や貿易パートナーとのコミュニケーションを通じて、正確な8桁のHSコードを確認することが重要です。彼らは、インドの税関での要件についての実務的な知識を持っている担当者と事前に確認を取って決定することは大切です。


3. 専門家のアドバイス


国際貿易の専門家や税関ブローカーに相談することで、適切なコードの確定についてアドバイスを得ることができます。これらの専門家は、各国の税関法規とHSコードの適用に精通しています。


4. オンラインリソースの活用


いくつかのオンラインプラットフォームやデータベースでは、異なる国のHSコードを比較し、相互に変換するツールを提供しています。これらのツールを利用することで、6桁のHSコードをインドの8桁のコードに変換する手助けが得られる場合があります。


5. 正確性の確保


HSコードの誤った使用は税関での遅延や追加料金の原因となることがあるため、正確なコードの使用が非常に重要です。


異なる国間でHSコードの桁数が異なる場合、正確な分類と税関手続きを確実に行うためには、これらのステップに注意を払うことが重要です。


インドのHSコードに関する情報は、以下のウェブサイトで確認できます。



ここでは、インドの関税表が提供されており、さまざまな章や商品に関するHS分類に関する詳細な情報が掲載されています。このページには、生きている動物や動物製品から各種産業製品まで、HS分類に基づいた様々なセクションが含まれています。



このウェブサイトでは、インドの調和システムコードのリストが提供されており、製品ごとに章別の分類と説明が含まれています。このリソースは、特に輸出目的で商品に適用される特定の8桁のHSコードを特定するのに役立ちます。サイトは商品を様々な章に分類しており、さまざまな製品の関連HSコードを見つけやすくなっています。


これらのリソースを利用することで、日本で使用されている6桁のHSコードをインドの税関で必要とされる8桁のコードに変換するのに役立ちます。


詳細な分類を参照して、特定の製品に対応する追加の2桁を特定することで、インドの税関規制への準拠を確保できます。

bottom of page