< Back

国際輸送サービス

海上輸送サービスの流れについて

国際輸送サービス

日本国内集荷から、梱包、国際輸送、現地での通関、現地配送目的での作業など目に見える一貫輸送サービスを提供しております。世界中のネットワークを活かし、お客様の大切なものを目的地まで安全にお届けします。

ここでは主に海上輸送サービスの流れについてご説明します。

当社の提供するサービスは、日本から海外を結ぶドアツードアサービスですが、
輸出のみのプロジェクト案件など様々なご希望に応じその業務範囲を設定することができます。貿易条件によって、インコタームズの規則等も確認し、当社サービスの内容と範囲をお決めいただけます。詳しくわからない場合でもお打ち合わせの際にご相談下さい。

1. 国際物流 国内作業について
集荷から仕分け梱包、書類作業・輸出作業など

日本国内での作業は、最終的な目的地への配達(あるいは設置)完了を見据え、計画から実行まで慎重にプロジェクトの計画を作成します。これは国際物流を行う上で、非常に重要な作業と言えます。国内での作業は、ご依頼内容により集荷あるいは、当社指定先倉庫からの作業開始となります損害保険等の手続きもいたしますのでご相談ください。

国内輸出
A) 集荷業務
A.1 貨物の種類、サイズ重量に合わせた車両で引き取りにあがります。
A.2 フォークリフトクレーン等必要に応じてご準備いたします。

B) 梱包業務
 B.1 パレット梱包、
 B.2 木枠梱包
 B.3 木箱梱包
 B.4 返箱使用
 B.5 バリア梱包
 B.6 その他特殊梱包
 B.7 仕分け
 B.8 マーキング
 
C) 内陸輸送
 C.1 梱包倉庫や指定倉庫保管場所から保税区まで内陸輸送

D) 港作業
 D.1 輸出書類作成(インボイスパッキングリスト、シッピングインストラクション等)
 D.2 カルネ取得代行
 D.3 輸出通関事務作業
 D.4 税関検査対応
 D.5 冷凍冷蔵対応(食品の温度調整が必要な場合)
 D.6 港湾、港での作業
 D.6.1 倉庫保管
 D.6.2 コンテナバンニング
 D.6.3 ラッシング
 D.6.4 船積)
 D.7 荷受け先、現地協力会社への連絡
 D.8 進捗報告

2.海上フォワーディング
E) 海上輸送フォワーディング
E.1 船のブッキング
E.2 海上輸送
 E.2.1 LCL混載便
 E.2.2 20フィート
 E.2.3 40フィート
 E.2.4 40フィートハイキューブ
 E.2.5 フラットコンテナ
 E.2.6 RORO船
E.3 スケジュール確認
E.4 進捗報告
E.5 荷受け先、現地協力会社への着地確認連絡

3.国際物流 海外作業
現地での輸入手続き、作業配送、開梱、設置作業、廃材処理等、荷受け作業、現地輸入手続きなどの手配は、国内作業と同様、日本での作業着手前の綿密な計画のもと一つ一つのタスクを確認しながら実行いたします。

国外輸入手続き
A) 荷受
 (ア) 輸入通関手続き
 (イ) 税関検査対応
 (ウ) 港作業(コンテナデバン、仕分け等)
 (エ) 保管

B) 内陸輸送(港、倉庫から指定配送先)
 (ア) トラック輸送
 (イ) コンテナ輸送

C) 配送先での対応
 A) 開梱
 B) 仕分け
 C) マーキング
 D) 廃材処理
 E) 引取り対応
 F) 指定先配送
 G) 荷役役
  1 作業員
  2 クレーン
  3 フォークリフト
  4 パレットジャック等
 H) スーパーバイズ

随時、プロジェクト開始前に立てた計画と実際に行なわれている作業、進捗等を確認、必要に応じひ調整しつつ、柔軟に配達設置目標を安全に完了いたします。

国際物流サービスについて進捗の確認、ご不明点等ございましたら、いつでもご連絡ください。株式会社パシフィック電話番号:045-228-5250よろしくお願いたします。